• 住まいるの家づくり
  • 住まいるイズム
  • 構造・工法
  • リフォームとアフター
    • 家守り魂!
    • 家守りブログ
    • リフォーム施工例
    • お役立ち情報
  • 賃貸経営支援〜木造アパート提案〜
  • スタッフ紹介

住み心地インタビュー

トップページ > 住み心地インタビュー > 詳細
部屋ごとにテイストが異なる、個人のこだわりが光る住まい!
今回は古賀市にお住まいのH様邸に伺いました。

【住まいる】で家を建てていただいたお客様からのご紹介により弊社との家造りがスタートしました。

実は他社と契約まで済ませ、着工直前まで進んだ家造りの計画が思わぬことで頓挫・・・

他社では実現できなかった間取りの提案も含め、居住される皆さんの声をしっかりとお聞きし、顧客満足度の高い家造りを目指しました。
拡大表示
◆ 古賀市中央 H様邸 ◆
 
■敷 地 面積:246.31㎡(74.50坪)
■1階床面積:95.55㎡(28.90坪)
■2階床面積:83.27㎡(25.18坪)
■延べ床面積:178.82㎡(54.08坪)5LDK

拡大表示
◆存在感が際立つキッチンとカップボード◆
娘さんはリビングに入ってからのこのアングルがお好みのようです。
拡大表示
◆奥様のアトリエ◆
愛猫のためのステップ階段を計画し、化粧梁の上が愛猫のお昼寝スペースです。

拡大表示
◆こだわりの洗面室◆
右下に椅子を収納できる大容量の洗面化粧台。左横の壁はキッチンパネルでお掃除も楽々!

拡大表示
◆和室◆
本格的な床の間と仏間を備えた和室ですが、光沢のあるモダンな建材をセレクトし、家全体とのバランスを取っています。床の間横の『地窓(ぢまど)』から植栽にこだわった坪庭を眺めることができます。

拡大表示
◆洋室A◆
シックな色遣いの洋室。ダーク系の色遣い、スタイリッシュなアイアンの手すりなど細部にまでこだわりました。ロフトの上が寝具スペースとなっており、フロアを居住スペースとして広々と有効に利用できる計画です。

拡大表示
◆洋室B◆
洋室Aとは一転、白を基調としたコーディネート。床は大理石調のフロア材、ドアの面材には艶のあるグロスホワイトをセレクトし、高級感・清潔感のある居室に仕上がりました。シャンデリア照明はお客様がお好みの商品をご自身でご購入されたものです。
 
■家を建て替えようと思ったきっかけはなんですか?
 建替える前の家は母が建ててくれたお家で、築26年と決して古いという訳ではなかったのですが、日当りの良い南と東に窓がなかったために全体的に暗く、間取りにしても生活しづらい環境でした。
 さらに、西方沖地震が起きた際にタイル張りのお風呂の壁に横一直線のヒビが入ってしまい、入浴中にタイルが剥がれ落ちたりと安全面にも不安を抱えることになり、新しい住まいをと考えるようになりました。
 ただ建替えは自分の一存で進めることが出来なかったので、他の地域で土地から購入してからの計画も考慮しつつ、やはり住み慣れたこの地域が良かったこと、変わらない広さの家にしたいこと等を親に相談して、この場所での建替えを決定しました。
■【住まいる】での家造りはOB施主様からのご紹介がきっかけでしたが、どのような経緯で?
 ちょうど数社から見積りをしてもらっている最中に、【住まいる】で建築中だった知人に「話を聞いてみたら!」と勧められました。しかし、その時にはこれ以上検討する住宅会社を増やしたくなく断っていたんです。
 それから大手ハウスメーカーと契約をし、建築直前まで進みました。しかしそこまできて契約した設計プランが『建ぺい率』オーバーであることが発覚してしまいました。その問題に対して提示された解決策が、私が一番希望していたリビングの面積を減らす案だったので、到底納得できず、会社の対応にも不信感が募るばかりで、しばらく揉めた状態になってしまったんです。

 一向に話が進まず悩んでいた時に、この問題について他社の話を聞いてみたいとの思いで相談させてもらったのが、以前に紹介されていた【住まいる】でした。
 すると、【住まいる】で家を建てると決まっている訳でないにも関わらず、誠実な対応で、『建ぺい率』の問題をクリアできる間取りを考えてくださったんです。
 契約していた会社のプランにはなかった自転車置場や和室から植栽を眺めることが出来る『坪庭』が実現したりと新しい提案も加わっていて驚きました。

 これを皮切りに事態は進展し、契約してしていた会社とは契約解除、【住まいる】で家を建てる運びとなりました。
■建てる際にこだわったことは?
 私が間取で希望したのは8人掛けのテーブルが置けるダイニングと車3台を並列駐車できる駐車場、それと10帖以上のアトリエですね。(奥様は新体操の競技用レオタードを製作されています。)

 アトリエについては、以前がダイニングを製作場所としていたので、食事の度に片付けたりとストレスを感じつつ、製作に集中できる環境ではなかったので、生活とは切り離し、お客様を呼んで打合せができる明るくきれいな10帖以上の部屋を希望したんです。
 収納棚はたくさんある生地や材料を無駄なく収納できるように引き出しの幅まで考えて設置し、作業に没頭できるようになりました。

 住宅設備は【住まいる】との契約前から各住宅設備メーカーに何度も足を運んで、とにかく実物を見て慎重に選びました。
 キッチンは【住まいる】で建築することになって【タカラスタンダード】の商品を選ぶことになったのですが、カップボードは以前から惚れ込んでいた【クリナップ】の商品に。メーカーが違いますが、違和感なくスッキリと納めてくださり、広く使い勝手が良いキッチンになりました。
 洗面化粧台は、ホテルにあるようなものにしたく、パナソニックの椅子が収納できるタイプを選びました。横の壁は水ハネなどの汚れ防止にクロスではなくキッチンパネルを貼っています。
 設備はまず見た目・イメージを大事にしましたが、浴室の壁のグレードをあげたり、シャワーフックを手摺付きの強度のあるものにしたりと、手入れのしやすさや今後の生活の事も考えての選択です。手入れがしやすいと掃除を小まめにするようになって、常に綺麗にしておきたいと思うので掃除が楽しくなりましたよね。
■子供さん方のこだわりはいかがでしたか?
 子供たちもそれぞれに具体的な部屋のイメージがあったので、それぞれと打合せをしてもらいましたね。

 息子は部屋にロフトがあるのですが、そこに上がるのに梯子ではなく階段にしたいというのが要望でした。
 ただ最初計画した階段が予想外に金額が高く、私としては「梯子にして~」というのが本音でしたけど、少しでも安くなるようにと手摺を別注のアイアンで仕上げたりと工夫をしてくださり、見た目にも格好良くなり、完成した部屋を見て本人も満足している様です。

 娘の方はホテルのような部屋がいいと、イメージしている部屋の写真を渡していました。
 格子入りの窓を提案してもらい、設置したい鏡が決まっていたので、鏡を取付ける壁を最初から補強してもらいました。
■実際に住んでみての感想は?住まいるへの感想もお願いします。
 不満は全くないですね。

 後悔する家造りはしたくないという想いが強くありましたから、設備だけではなく建具・クロス・カーテンもそれぞれショールームを見て回って妥協せずに決めているので、どこをとってもお気に入りの場所になっています。
 【住まいる】を紹介してくれた方に「こうしたいと思ったことは全て伝えるといいよ。それに対する提案・答えを沢山くれるから」と言われていましたが、本当にその通りでした。
 照明一つとっても一緒に私たちの希望に沿う商品選びをしてくれました。
 今となっては契約まで進んでいた会社と揉めたことも、【住まいる】で家造りをするための前章だったのかなと思えます(笑)
編集後記
 奥様は「たくさん人が集まって、子供達が巣立っても家族を連れて帰ってきたくなるお家を造りたかった。」と仰っていました。
 実際に娘さんが友達を呼んでホームパーティーを開くこともあるそうですよ。
 これから家族の輪・友達の輪が広がって、もっともっとたくさんの人であふれるお家になるんでしょうね。賑やかな笑い声が聞こえてきそうです。
(編集:松村祥子)

住まいるブログ

せせらぎの郷・海老津ブログ

施工ギャラリー

住み心地インタビュー

見学の出来るお家

販売中の物件

このページのトップへ